ミニバン比較.net TOP → ミニバンとは 軽自動車

軽自動車

 

ミニバンは軽自動車の1つです。軽自動車とは、国産車の中でも一番小さいサイズの自動車です。軽自動車はサイズに規格があり、高さが2m以下、長さは3.4m以下、幅は1.48mまでの排気量660cc以下というように決められています。これらの規格を一つでも上回ってしまった場合、その車は普通車という扱いになり、税金などの面でも普通車と変わらなくなってしまいます。

普通車はナンバープレートの色が「白地に緑字(事業用自動車の場合は緑地に白字)」なのに対し、軽自動車はナンバープレートの色が「黄地に黒字(事業用自動車の場合は黒地に黄字)」となっています。一見してサイズなどが正確に分かるというのは一般的ではないので、こうしてナンバープレートの形式を変えることにより、一般の方々にも普通車と軽自動車の判別が容易になるのです。

軽自動車は税金や保険料が普通車と比べて安上がりになり、そういった面で常用を好む方も多いです。ただし、例えば車体にパーツなどを取り付けて、その結果として軽自動車としてのサイズを上回ってしまった場合は、普通車として登録しなければならなくなることもあります。サイズの規格を守ることは、軽自動車における絶対的な条件とも言えるでしょう。

以前は普通車に比べて走行性能などで劣ると言われていた軽自動車ですが、今では技術開発も進み、走行安定性も大幅に改善されています。現代において、軽自動車には普通車以上の魅力があるといっても過言ではありません。


ミニバンとは

 



タキソテール 添付文書
タキソテールの添付文書なら医療関係者向けの製品情報サイトで!